認知症に立ち向かうリコード法

アルツハイマーの真実と終焉は不朽の名作だ。

ブレデセン博士は、(アルツハイマーという)この壊滅的な状態を、不可解で解決できないプロセスから、

予防可能であり、回復することのできる病気であると定義したのだ。

 

デビッド・パールマッター医学博士

ニューヨークタイムズ ベストセラー著者

デール・ブレデセン氏

アルツハイマー病などの神経変性疾患の

世界的権威である医学博士

カリフォルニア大学神経学部 名誉教授 

カリフォルニア大学を卒業後、デューク大学メディカルセンターでMD(医学博士)を取得。ノーベル生理学・医学賞を受賞したスタンリー・B・プルシナー博士に師事し、プリオンとアルツハイマー病の関連性について多くの研究を行う。カリフォルニア大学、サンフランシスコ校、ロサンゼルス校、サンディエゴ校で教壇に立つほか、サンフォード・バーナム研究所にて高齢化プログラムを指導後、1998年には加齢専門研究所である“Back Institute”のCEOに迎えられる。現在は、最高の医療責任者としてMPI Cognitionを創立し、数百人の医師などの医療従事者に「リコード法」を教えています。

dr.dale-bredesen.jpg
Unknown.jpeg

-アルツハイマー病36の原因-

  • 遊離T3の最適化
  • THS(甲状腺刺激ホルモンの最適化)

  • シナプス発芽シグナル伝達の増加

  • レプチン感受性の増強

  • テストステロンの最適化

  • DHEA(デヒドロエビアンドロステロン)の最適化

  • インスリン分泌とシグナル伝達の最適化

  • 炎症の減少

  • 解毒の増強

  • シナプス成分の提供

  • テロメア長の伸長

  • 幹細胞を介した脳修復の増強

  • カスパーゼ6切断の減少アミロイドβオリゴマール化の抑制

  • 自食作用の増加

  • NGF(神経成長因子)の増加

  • ADNP(活性依存性神経保護タンパク質)の増加

  • ホモシステインの減少

  • ​食細胞指数の増加

  • APPβ切断の減少

  • α部位切断の増加

  • カスパーゼ3切断の減少

  • ネプリライシンの増加

  • ミクログリア貧食によるアミロイドベータ除去の増加

  • BDNF(脳由来神経栄養因子の増加)

  • ネトリン1の増加

  • ADNP(活性依存性神経保護タンパク質)の増加

  • VIP(血管作動性腸管ペプチド)の増加

  • PR2A(タンパク質ホスファターゼ2A)活性の増加

  • リン酸化タウの減少

  • インスリン感受性の増加

  • 軸索原形質輸送の亢進

  • 酸化ダメージの減少とROS(活性酸素種)産生の最適化

  • コリン作動性神経伝達の増強

  • シナプス破壊シグナル伝達の減少

  • エストラジオールの最適化

  • E2:P(エクストラジオール /プロゲステン)比の最適化

リコード法とは

・これまで 500 名以上のアルツハイマー型認知症患者に実践され、効果が認められている治療法

 

・アルツハイマー病の原因は36の要因によるものであると解明し、個人の症状に応じて対策をとることができるオーダーメイド型治療プログラム

 

・主な原因物質である「アミロイドβ」の除去という従来の治療法ではなく、複数ある「アミロイドβ」の産生原因への対策というアプローチを基にした専用プログラム

ReCode-Lockup-Logo-Horizontal-Copy-1.png
図1.png

-アルツハイマー病36の原因-

919rEdUa3gL.jpg

書籍:アルツハイマー病

真実と終焉

”認知症1150万人”時代の革命的治療プログラム

  • Amazon総合ランキングで1位を獲得

  • 全米で話題沸騰中のベストセラー、ついに日本上陸

  • 発売直後に24ヶ国語で翻訳決定

  • わずか4ヶ月間で米国約20万部突破